水間鉄道株式会社 個人情報保護方針
 

 
ホーム
 
鉄道情報
時刻表
運賃・定期旅客運賃
運賃検索
路線バス情報
路線バス時刻表
路線バス運賃
路線バス定期旅客運賃
 
は〜もに〜バス情報
ご利用案内
青バス時刻表
緑バス時刻表
オレンジバス時刻表
ピンクバス時刻表
黄バス時刻表 ルートマップ
 
 

会社概要 個人情報保護方針 採用情報  安全報告
電子公告電子公告      

会社概要
社名: 水間鉄道株式会社(Mizuma Railway Co.,Ltd.)
本社: 〒597-0001
    大阪府貝塚市近木町2番2号
事業内容: 鉄道事業
    バス事業
    土地家屋の売買および仲介ならびに賃貸
    飲食店・旅館・娯楽施設および旅客誘致施設の経営
    日用品及び全酒類・煙草の販売
    旅行業法に基づく旅行業
    自動車販売および修理業
    電気工事請負業および電気器具の販売ならびに修理加工
    当会社に関係ある他の事業への投資
    労働者派遣事業
    損害保険代理業
    インターネット等のネットワークを利用した通信販売業、その他情報サービスの提供
    前号に付帯する一切の事業
資本金: 1億円
代表者: 代表取締役 近藤 文雄
従業員数: 60名(平成28年3月31日現在)
輸送人員: 253万人(鉄道191万人・自動車62万人) (平成27年度)
営業収益: 533,051千円 (平成27年度)


鉄道事業
運行区間: 貝塚駅 〜 水間観音駅
営業キロ: 5.5キロ(単線)
駅数: 10駅(内駅員無配置駅 8駅)
車 両 数: 10両
列車本数: 全日 104列車
営業開始: 大正14年12月24日
     
乗合自動車事業
営業範囲: 貝塚市
営業キロ: 79.9キロ
系 統 数: 22系統
車 両 数: 13両(中型:7・小型:6)
営業開始: 昭和25年12月8日
     
貸切自動車事業
車 両 数: 7両(小型:7)
営業開始: 平成19年2月1日
     
特定自動車事業
営業範囲: 岸和田市・貝塚市
車両数: 5両(大型:2・小型:3)
契約先: 大阪府教育委員会(岸和田支援学校)
    貝塚市教育委員会(葛城小学校他)
営業開始: 昭和54年9月1日
   
沿革

大正12年 水間蒸気鉄道株式会社(仮称)で敷設免許を申請し、下付
大正13年 社名を水間鉄道株式会社とし、資本金40万円で大阪府泉南郡貝塚町大字貝塚近木974番地を本店として会社設立
  初代代表取締役社長に帯谷吉次郎が就任
大正14年 南海貝塚駅−貝塚南駅間の貨物営業開始
大正15年 貝塚南駅−水間駅間開通、旅客営業開始
昭和 3年 資本金50万円に増資
昭和 9年 南海貝塚駅−貝塚南駅間開通、旅客営業開始
昭和13年 料理旅館「一龍」を水間において開業(昭和18年練成場として大阪府に強制買収される)
昭和22年 資本金120万円に増資
昭和23年 資本金300万円に増資
昭和24年 資本金500万円に増資
  本社社屋新築、本店を貝塚市海塚339番地に移転
昭和25年 蕎原線・市内循環線をもって乗合バス営業開始
昭和26年 資本金1,000万円に増資
  貸切バス事業認可(平成15年9月事業譲渡により廃止)
昭和28年 清児駅から粉河町までの鉄道路線の延伸が計画され、そのための別会社として紀泉鉄道株式会社を資本金1億円、貝塚市海塚339番地を本店として設立
昭和29年 明治交通株式会社からタクシー事業の営業権を譲り受け、タクシー営業開始
昭和33年 資本金1,500万円に増資
  タクシー事業を別会社に分離し、水鉄タクシー株式会社を資本金500万円、貝塚市海塚249番地を本店として設立
昭和34年 鉄道路線の延伸計画を断念し、紀泉鉄道株式会社を吸収合併し、資本金2,500万円に増資
昭和38年 資本金3,750万円に増資
昭和42年 「近義の里」にて住宅地開発事業に進出(105戸)
昭和43年 水鉄自動車整備株式会社を設立(平成3年清算結了)
  水鉄地所株式会社を設立
昭和44年 住宅地開発業務の拡充をめざし開発課設置
昭和47年 資本金7,500万円に増資
  貨物営業を廃止
昭和49年 資本金1億1,250万円に増資
昭和51年 日産チェリー阪南販売株式会社を資本金5,000万円、泉北郡忠岡町北出2丁目7番15号を本店として設立
  水間関連事業協同組合を設立(平成16年清算結了)
  資本金2億円に増資
昭和53年 特定自動車事業(バス運行契約)の営業開始
昭和54年 本社社屋新築、本店を貝塚市加治60番地の1に移転
  水鉄住宅販売株式会社を設立(平成5年清算結了)
昭和57年 水鉄地所株式会社を水鉄建設株式会社に商号変更
  株式会社水鉄観光を資本金1,000万円、貝塚市加治60番地の1を本店として設立
昭和60年 タブレット閉そく方式から自動閉そく方式に変更
平成 2年 本社社屋新築、本店を貝塚市二色中町5番地の1に移転
平成 3年 新規事業靴下専門店トリコロール開店(平成5年閉店)
平成 8年 鉄道事業 鉄道未成線(清児−犬鳴間)免許廃止
平成12年 日産チェリー阪南販売株式会社を水間保興株式会社に商号変更
平成15年 コミュニティバス運行開始
平成17年 水鉄タクシー株式会社株式譲渡
  会社更生法申請
平成18年 会社更生手続終結(6月16日)
平成19年 鉄道事業 自動列車停止装置(ATS)供用開始(4月1日)
  スルッとKANSAI協議会加盟(6月8日)
平成20年 本社を貝塚市近木1488−8に移転
平成21年

ICカード決済システム「PiTaPa」運用開始(6月1日)

水間駅を水間観音駅に名称変更(6月1日)

平成22年 貝塚駅 バリアフリー化(9月20日)
平成23年 女性アテンダント導入(4月1日)
平成26年 水間観音駅待合室「まち愛Café みずかめ庵 和」営業開始(5月4日)
平成27年 創業90周年(12月24日)

 

 

 

 

 


Copyright(c)2006 Mizuma Railway Co.,Ltd. All Rights Reserved.